身長167センチの私がずっと縛られていた〇〇という呪縛とは??

こんにちは!

あなたの夢を写真で叶える

「美スマイルカメラマン」

青山智圭子です^^


私は、身長が167センチあります。

今でこそ「背が高くていいなあ!」

と言われることも多いですが。

10代の頃は、この背の高さがコンプレックスでした!


まず、小・中学生の頃。

背の順では、ずっと1番後ろでした。

背が高いと足が速く見られます…。

新学期の体力測定の時。

「足、速いよね?!」と必ずきかれます。

私、運動苦手なんです><

そこからして、本当に嫌でした…。


そして。母親から「あなたは大きいんだから」と

ちょっと大きめのLサイズの服を着せられていました。

今考えると、ブカブカ…。

そして、大きいとあまり制服が似合いませんよね??

おとなしい性格なのに、大きくて目立つ…。

嫌でしたね〜!!!


そして、私が18歳〜25歳までお付き合いした人が。

私より背が低い男性でした。

彼の好みは小さくて可愛らしい女の子。

なので、少しでも小さくいられるように

一生懸命ローファーなどを履いていました。

就職活動中に会う時は、ヒールを履きながらローファーを持って…。

健気ですね。

彼から「お前はデカいから」とばかり言われていたので

これまた自分の背の高さは大嫌い><

ずっと猫背で過ごしました…。


考えてみると。

背が高くて褒められるようになったのは

彼と別れた 25歳を過ぎてから?!

なので、今でも褒められても

本気で喜べないというか

「いえいえ、そんなことないので!」と思う私がいます><


旦那さんと出会って。

「どんどんヒール履いて、カッコよくいてね!」

と言われるようになり。

背が高いのは自分の長所だと

やっと受け入れられるようになりました。

あ、私がヒールを履くと旦那さんより背が高くなります^^


周りから掛けられる言葉で、自分を決めつけてしまうんだなあ。

そして、可能性を潰してしまうんですね…><

もったいないです!!!

あなたがコンプレックスだと思っていること。

もしかしたら、長所かもしれないですよ^^


私たちと一緒に、コンプレックスを

「自分の好きなところ」に変えませんか?

笑顔プロフィール写真家 青山智圭子(ちかこ)

笑顔プロフィール写真家

美しい奇跡の一枚よりも人間性が伝わる優しい表情を撮影するカメラマンとして活動中。
カメラが苦手な方からでも自然な笑顔を引き出すことを得意とする。
2014年フリーカメラマンとして起業、300人以上のプロフィール写真を撮影。
個人起業家からの依頼をメインに、幸せな結婚をしたい婚活女性からの撮影依頼も増加している。


ホテルのブライダルカメラマンとして7年間従事し累計500組以上の結婚式・披露宴を撮影。一生に残る写真を撮る立場として、何度でも見たくなる最高の表情を撮影することに心を

0コメント

  • 1000 / 1000

美スパークアカデミー

「私なんかがおしゃれしたいって笑われるかも」 「どうせ私には綺麗なんて言葉は無縁」 そんな風に思っていても おしゃれをしてみたい、綺麗を学びたい、けれど、なかなか1歩踏み出せない。 それってきっと周りからどう思われるか不安だったり自己流でやって失敗するのが怖いから。 このアカデミーではそんなおしゃれをしたいのに 自分でダメって思っちゃってるあなたに、ともに寄り添い、学んでいく場です。