20年前のあの日、キッチュのオシャレ伝説は始まったのです!

自己否定から自己肯定に!似合うを知って、自信や本来の魅力、美しさを最大限に引き出す、オネェなビューティカウンセラー、モテ髪師大悟式美人髪コンサルタントのキッチュです。

今日は私がファッションで着飾ることで自信が持てる様になった瞬間のお話をしますね。

それは私が17歳の時。

あー、今から20年前ですね!

時が経つのは早い…

私は他の男性に比べて身長も163センチで低く、足のサイズも24センチ。

そして、肩幅は下手したら女子より狭いという始末…

かつ、ウエストとヒップのバランスも男性と肉付きが違うので、メンズのパンツを穿くとこんな状態だったのです!

○ウエストに合わせる
→腰までしかズボンが上がらない

◯ヒップに合わせる
→ベルトで締めないとそのまま脱げてしまう

だからこそ、洋服選びって大変だった…

それがとある時に先輩に連れて行っていただいたセレクトショップで、今はあまり見ませんが、CIMARRONのパンツとの出会いが私を変えてくれたのです!
当時はストリート系が流行っていて、STUSSYのユルいTシャツにピタピタのスキニーパンツが主流。

そのピタピタのレディースのスキニーパンツが私のこのこれまで何を穿いてもしっくりこなかったという概念を覆してくれたのです♡

そこからはそのセレクトショップに通いつめて、色んな洋服を見せてもらう中、肩幅が狭い、小柄な私にはトップスもレディースが合うことも分かりました!

似合うが分かった瞬間を今、思い出すと、試着を沢山させてもらって、自分の似合うを体で覚えていった、あの時期を懐かしく思います。

試着を嫌うあなたはもしかして…

・面倒くさい
・恥ずかしい
・試着したら買わないといけなくなりそう
・店員さんについて回られそう
・似合わなかったらカッコ悪い

こんな理由で試着するのを躊躇してませんか?
 
それってとっても勿体ないと思います。

私の大好きなスタイリストに大草直子さんがいるのですが、彼女の言葉ですごく好きな言葉に…

「オシャレな人はバランスの良い人」

という言葉があります。

これが分かるのが試着なのです。

試着せずに失敗しやすい理由が…

・袖丈が合わない
・衿ぐりの開きがイメージと違った
・身幅が思ったより苦しい

これを買って帰ってから試着して、感じるなら試着して本当にあなたにぴったりなものを買って帰る方が経済的じゃないですか?

今の私でも試着して、「これ、意外にいけた」と思うものもあります。

その中のひとつがサロンの周年パーティで着たこのフリルのブラウス。

また、「試着せずに買ってたらやばかったな…」というアイテムもまだまだあります。

だからこそ、私はお買い物同行をオファーいただいたら絶対に試着をしていただき、試着の楽しさ、大切さを知ってもらいます。

その為に、沢山のデザインを着ていただきます。

やはり【オシャレな人は試着してとことんこだわる人】で多いからこそ、躊躇せず、バンバン試着していけるあなたを作ってもらいたいのです。

ちなみに断る勇気がつくのがカラー診断でもあるので、それも有益になりますよ?

まずは試着も含めて似合うを知って、雑誌やメディア、トレンドに踊らされないあなたを見つけられたらなぁと思っています。
ちなみにこれは今朝自撮りした私♡

人ってこんなにも表情も変わってくるってやはり自己開放って凄いなぁと改めて思います。

私とアカデミー講師と一緒に似合うを見つけてHappyなあなたを作りませんか?
キッチュ(オネェなビューティカウンセラー)

自己否定から自己肯定に!似合うを知って、自信や本来の魅力、美しさを最大限に引き出す、オネェなビューティカウンセラー、モテ髪師大悟式美人髪コンサルタントのキッチュです。

オネェだとカミングアウト出来ずに自己否定し続けてきた私が31歳で全世界カミングアウトで、周りの景色がキラキラ輝き出した!Kitsch bではそんな自己肯定から自分を愛せるあなたを作ります♪

**********

ご訪問いただき、ありがとうございます。

Kitsch bオーナーでもあり、オネェなビューティカウンセラー、北九州初の美人髪

0コメント

  • 1000 / 1000

美スパークアカデミー

「私なんかがおしゃれしたいって笑われるかも」 「どうせ私には綺麗なんて言葉は無縁」 そんな風に思っていても おしゃれをしてみたい、綺麗を学びたい、けれど、なかなか1歩踏み出せない。 それってきっと周りからどう思われるか不安だったり自己流でやって失敗するのが怖いから。 このアカデミーではそんなおしゃれをしたいのに 自分でダメって思っちゃってるあなたに、ともに寄り添い、学んでいく場です。